■ 除菌実証実験

実証データPDFはコチラをクリック


■ 除菌(付着菌)試験データ

付着菌とは、日常生活の中で衣服、スマホ、マスク、ドアノブなど身の回りに付いてしまう菌です。

種類 試験機関 除去率
ウイルス 北里環境科学センター(日本) 99%
黄色ブドウ球菌 北里環境科学センター(日本) 98%
サルモネラ菌 KCL(韓国) 99.9%
大腸菌 SCLAB(韓国) 98.8%

■ 除菌(浮遊菌)試験データ

浮遊菌とは、空気中に漂っている菌です。

種類 試験機関 除去率
細菌 北里環境科学センター(日本) 98%
カビ菌 Intertek (フランス) 99%

■ VOC(揮発性有機化合物)の低減試験データ

VOCとは
揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称。
大気中の光化学反応で光化学スモッグを引き起こす原因物質の1つとされており、その種類は100種類以上もあります。
中には発がん性など人体に有害な影響を及ぼすものも多く,最近ではシックハウス症候群の原因物質としても知られています。

種類 試験機関 除去率
(効果)
ホルムアルデヒド SGS(台湾) 74.4%
タバコ サムスン電子(韓国) 92%
トルエン Inha Univ(韓国) 92%
アセトン KCL(韓国) 98%
エチレン KCL(韓国) 100%

■ 脱臭性能試験データ

Venti h-IonCluster(当品)は、除菌のみならず、脱臭にも優れた効果が実証されています。

種類 試験機関 除去率
(効果)
アンモニア Inha Univ(韓国) 92%
硫化水素 KCL(韓国) 100%

■ オゾンの安全性試験結果

オゾンとは
オゾンは大気中に存在し、大気を自浄する働き(脱臭・除菌)をしています。有害な紫外線から生物を守る「オゾン層」、エアコンや冷蔵庫では、製品内部の脱臭、除菌等を目的としてオゾンが利用されています。一方、オゾンは濃度により、人体への悪影響を及ぼすことが確認されています。
日本産業衛生学会では作業環境基準としての許容濃度を0.1ppm(0.2 mg/m3)と定めています。

種類 試験機関 除去率
(効果)
オゾン JQA(日本) 0.023ppm
オゾン IEC/EN-6033502065 0.05ppm以下